お肌のタイプ別、リプロスキンとベルブランの使い方

リプロスキンとベルブランを使い分けしていると言う方もいらっしゃいます。

 

どのように使用シーンを分けているのでしょうか?
また、使い方によって効果の出方にも差が出るのでしょうか?

 

コスメサイトの口コミを元に検証してみました。

お肌にコレがある人は要注意!?ベルブランとリプロスキンのタイプ別使用法

ニキビ跡が黒、赤、陥没している人

洗顔後はベルブランの使用をお勧めします。
ベルブランはニキビ跡をメインに改善する効果が期待できますので、お手持ちの乳液などを塗る前に、まずベルブランを先に使用してください。
洗顔もスクラブ系ではなく、泡もしくは固形石鹸での洗浄をおすすめします。

 

毎回決まった時期に発生するニキビに悩んでいる人

ニキビが落ち着くまではベルブラン、発生する頻度が下がってからはリプロスキンにシフトしましょう。
ニキビが発生する原因は肌ストレスや、不規則な生活習慣、紫外線、ホルモンバランスの乱れによるもの。
長期的なケアが必要ですが、治ってからの美肌レベルは一般人を凌駕するほどのきめ細やかさですよ。

 

ニキビは顎の下に限定、現在はそれほどひどくない人

リプロスキンで全体のお肌の調子を整えて行きましょう。顎の下のニキビは洗顔のしすぎ、乾燥によるものが多くあります。
お肌のオイルコントロールを、リプロスキンで適度に調節していくことをおすすめします。

 

 

肌のタイプやニキビの出方によって様々な使い方がありますが、

 

リプロスキンは「ニキビを予防する」

ベルブランは「ニキビ跡の集中ケア」

 

という認識を持っていれば、失敗することはありませんよ。

 

>>TOPページ「リプロスキンとベルブラン徹底比較」へ戻る